Tatsuya Aoyama

クリオネ

海に囲まれた最果ての小さな町で生まれ育ちました。子どもの頃は絵本やアニメ、世界中を冒険するようなロールプレイングゲームが想像の世界を膨らませてくれました。

ところが、ゲームデザイナーになってからもその世界を作品にすることはできずにいました。

ある日、おしゃれなカメラを買い、旅先で美しい風景を撮り、それに人物も入れて撮りたいと思い人物撮影を習い始めました。

次第に周りが高価なカメラとレンズで綺麗な写真を撮っていることに劣等感を感じ、正攻法では勝てないと思い始めました。

そして、あるフォトグラファーに出会いました。
彼女は「イメージを写真というツールで表現する」といいます。
彼女との出会いをきっかけに、私の中の世界を写真で表現するようになりました。

人間になりたかった天使。風の通り道に現れる不思議な少女の物語。水が風を呼び、風が火を踊らせる世界。

想像できることは、きっと実現できると思うから。

 

ギャラリー展示作品